鈴本 5月上席 夜の部

GW中は月曜日も大体の美術館が開館している。せっかく上野に来たからと寄席の前に若冲展に行ったら、入館が60分待ちで館内も大混雑だった。日本画ブームおそろしい。

        • -

・市馬 「のめる」
やっぱり上手だなぁ。安定感がある。
ホンキートンク 「漫才」
弾さんの前髪がサラサラなのは、曲の前奏でターンした時にふわっとなびかせるためのような気がしてきた。
・さん喬 「替わり目」
奥さんが優しい。仲良くてうらやましくなる夫婦だ。
・喜多八 「ぞめき」
久しぶりに寄席の番組の流れで見る喜多八さん。落語会も好きだけどやっぱりこっちも好き。ぞめき、前から音源では何度も聴いてたので初めて生で見れてうれしかった。
・仙三郎社中 「太神楽」
仙三郎社中はさわやかでいいなぁー。時間調整で短めだった。
・権太楼 「井戸の茶碗
出てきた時の拍手が熱い。超歓迎ムード。トリだし今回は前売りも売ってるから権太楼さんを目当てに来てるお客さんがほとんどなんだろうけど、それにしても熱烈な拍手でびっくりした。落語もテンション高い。権太楼さんはけっこう笑いを取りに行く感じなんだ。会場のお客さんが一つになって笑っててすごかった。ファンが多いのも納得。