浪曲タイフーン

玉川奈々福さん、春野恵子さんの浪曲を聴きに、亀戸へ行った。
・あとまわシスターズ
和歌を浪曲でやってみる。古今和歌集の仮名序が素晴らしくて感動した。力をも入れずして天地を動かし……って元の文章も良いし、現代語訳も良い。
・オジョウサンズ
大阪の女性芸人さんたちによる音曲漫才トリオ。おもしろかった。多少きついことを言ってても、大阪弁だと安心して笑えるのは何なんだろう。
春野恵子 「大阪落城の淀君
高い音も低い音も自由自在な声。心地いい。全編にわたって三味線が派手に入ってるのもかっこよかった。気持ちよくてぼーっとしてたら話に置いていかれそうになった。
玉川奈々福 「金魚夢幻」
金魚が海を渡る。壮大なストーリーだけど、すぐにイメージできてすんなり入っていける。奈々福さんはやっぱり圧倒的に聴きやすくて、浪曲になじみがなくても楽しく聴ける。