読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第四回 アイム落語研究会

立川にて。
人気の二つ目さんを4人も観られて1000円とは、と思って軽い気持ちで行ってみたら、期待以上に楽しい会だった。大満足。
宮治「お菊の皿
まくらからガンガン笑わせてくる。明るくてにぎやかで、ガツガツしてて良かった。
ぴっかり☆「子ほめ」
華奢でかわいい。想像していたイメージと違って、オーソドックスな落語。女性が出てくる噺も聴いてみたい。
粋歌「わんわーん」
4人の中で唯一過去にも観たことのある方。粋歌さんは新作で、本人と年齢の近い女性が主人公、舞台も現代だからとても聴きやすい。さげがよかった。
松之丞「真景累ヶ淵 〜宗悦殺し〜」
講談。明るい落語が続いてきて、最後にブラックな演目。宗悦殺しは落語で一度聴いたことあるけど、内容はほとんど憶えてなかったので、聴きながら思い出した。松之丞さん、声と雰囲気がすごいなぁ。大物感。一発で引き込まれる。本当は長い話だけど15分でできるように刈り込んだ、と言っていたので後から本で確認したら、たしかにだいぶ端折られていた。でも全く違和感はなく。
最後に、4人+内田春菊でトーク。内田春菊の司会が良くて、色んな話をうまく引き出してくれたので盛り上がった。