池袋中席夜の部

池袋演芸場に行った。
豪華メンバーなのでどれだけ混んでるかと覚悟して入ったけど、平日のせいか意外とすんなり座れた。
ホンキートンク「漫才」
前回見た時からさらに、ますます面白くなっていた。スピード感が気持ちいい。真打昇進が発表された頃くらいから、どんどん勢いがついててすごい。
扇辰「麻のれん」
おもしろかった。ゴーン……というお寺の鐘の音から始まるのが新鮮。指なめたり手のひらなめたりしてもきれいに見える扇辰さん。枝豆美味しそうだった。夏のはなしだから枝豆なのか。
花緑「権助提灯」
花緑さん、生で見るのは初めて。予想外に芸能人オーラがすごくて驚く。声も俳優さんみたいでかっこいいし。本人のエッセイを読んだときに受けた印象とは、ずいぶん違っていた。もっと偉そうな感じかと思った。生で見てみないとわからないことが多いな。
馬石「反対俥」
天然のひとを演るのがうまい。最初に出てくる退院したての車屋さんとか、「元犬」のシロとか。その人物の純粋な人柄と、馬石さんの背が高くて痩せた外見がよく合ってる。
さん喬「そば清」
静かに話し始めて、特にウケをを狙うこともなく淡々と落語に入る。なのに、いつの間にか客席中が笑っている。面白いことを言って笑わせるんじゃない。仕草や間で笑わせる。お蕎麦美味しそうだった。
喬太郎「布哇の雪」
トリ。三味線が入ってくる終盤もいいけど、それまでの新潟のパートも好き。和気あいあいとして楽しい。
3時間の滞在で芸人さんを10組も見られる寄席はやっぱり良い。満喫した。