赤坂文楽

赤坂区民センターで文楽を見た。
初めに、勘十郎さんと玉女さんがこれからやる演目について映像を見ながら解説してくれる。
当たり前だけど、出演する人たちは長い浄瑠璃のストーリーが全部頭に入ってるんだった。襲名披露の準備の話も聞けておもしろかった。
休憩後、「夏祭浪花鑑」長町裏の段の実演。生で見たことある文楽の中でいちばん好きな話。お人形がやるからこそ、人間の嫌な部分や恐ろしさが際立つ。
国立劇場とは違う、一つの舞台に大夫と三味線と人形遣いがいっぺんにいるという配置が新鮮だった。この方が大夫さんたちの顔もよく見れるし、一体感があって楽しい気がする。国立ではお人形のいる舞台ばかり見てるからいつまで経っても大夫さんと三味線の方を覚えられないし。
地方公演にも行ってみたくなってきた。