読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宙組(2回目)

どうしてももう1回見たくなり、何とかチケットを入手。
東京では初めて座る1階席。当たり前だけど2階より近い。大勢がずらりと並んだ時の迫力が、2階席から見るのとは全然違った。男役でかいな。
はしっこの席だったので舞台のはしっこにいる生徒さんをよく見た。真ん中付近のスターだけでなく端にいる下級生までかっこいい、宝塚ってすごい。
「白夜の誓い」
あらすじはもうわかっているので、前回あまりよく見てなかったところを中心に観察。
リリホルン、初めからずっと追ってるとおもしろい。本当にやりたかったのはこんなことじゃないのに、という迷いや罪悪感、次第に思い詰めていく過程が表情からしっかりわかるようになっていた。どの役もみんな、脚本にない部分まで各自で作り込んでいる。何度も観るファンにはけっこう楽しめる作品だったのかもしれないと思った。
PHOENIX 宝塚!!」
主題歌やっぱり良い。涙だっていいじゃない♪ は千秋楽に聴いたら号泣しそう。
プロローグ後の男役5人組の場面で、蒼羽りくさんが一本釣りしているのを見た。あんなにずっと見つめられたらファンじゃなくても好きになってしまうだろうな…。おそろしい。
宝鳥の場面のアドリブは、ふたりの刑事キタロールがE.T.みたいに人差し指をくっつけたり仲良く手をつないで袖まで歩いたりした後、
かなめ「ヤコブ、…バン!」(超笑顔で緒月キタロールを銃で撃つ)
緒月「ウッ!……グスティーって、ツンデレ?」
グスタフIII世の仕返し。盛り上がった。楽しいなー。
中詰では客席降り。2階席から見たときはわからなかったけど、ジェンヌさんたちは両脇の通路にも来てくれるのだった。マイクのついてない下級生たちも生声で一生懸命うたってるのが聞こえてきた。素敵。
凰稀さんの退団公演、2回観られたのですっきりした。朝夏さんの新体制も楽しみ。