読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月組「PUCK」

演劇

宝塚、月組の「PUCK」を見に行った。
シェイクスピアの「夏の夜の夢」を元にしたお芝居。
今年は雪組の「伯爵令嬢」が一番だと思っていたけど、「PUCK」もそれと並ぶくらいにとてもよかった。
龍さんは元々せりふまわしが独特なひとだから、パックみたいな周りから浮いてる役がよくハマる。見た目も最高にきらっきらしてるし、自由奔放でかわいかった。アドリブいっぱい。
ラストはパックとハーミアにとっては素敵なハッピーエンドなんだけど、観客はパックが妖精としての記憶を失ってしまったことを知っているから、色んな気持ちが混ざり合って複雑な心境。淋しさ、切なさと幸福感が入り交じって、涙がぼろぼろ止まらなかった。人間になったパックはこれからハーミアと一緒に年をとっていくんだろうな。
明るいだけじゃなく、ほんの少しの暗さがあることで物語の世界に深みが出る。余韻がしっかり残る。小池先生らしい作品だった。
そして、こんなに濃密なお芝居を見せてもらったのにさらにその後ショーまであるという宝塚の豪華さ。二本立ての醍醐味を堪能した。