喜多八・一之輔 二人会

神楽坂で、喜多八さんと一之輔さんの落語会を見た。
一年前にも同じ会に行ったんだけど、その時より今回の方がふたりの違いがはっきり出ていておもしろかった。
一之輔さん、聴いてるこっちが負けそうになるほどのものすごい熱量。こんなにエネルギッシュな人だったのか。やる気なさそうな、けだるそうな雰囲気はもうなかった。若いから芸もどんどん変わっていくんだな。
一席目の「堀の内」でかなり弾けまくって、それなら二席目は大人しい感じかと予想したら、さっきの勢いのままガンガン飛ばす。すごい。「寝床」ってこういう噺だったんだ、と、前から知ってたけど改めて新鮮に楽しめだ。
喜多八さんは、若手の人と一緒の会だと普段よりも燃えてるような気がする。特別変わったことはしないしいつも通りではあるけど、何となく攻めてる感じがしておもしろい。