カブサッキ

アルゼンチンのギタリスト、フェルナンド・カブサッキの来日公演を見に行った。
国立の地球屋で、大野由美子、シュガー吉永、千住宗臣勝井祐二と共演。かっこよかった。
バッファローの曲を一緒にやる、とかではなく、長ーい一曲を数十分間お互いの様子を見ながら演奏しつづける、というような感じだった。
何かのCDに入ってる曲なのか、全くの即興なのかどうかもわからない。
あるていどは事前に決めてあるにしても、いつの間にか曲調が変化していたり主役の楽器がどんどん入れ替わっていったり、どこからどこまでが自由な部分なのかわからなくておもしろい。
カブサッキ自身は、皆がぐわーっと騒がしくなってる時でも意外と一人だけ地味に弾いてたりする。常に真ん中で目立っているわけではない。でもたまに笑ってたりして楽しそう。
狭い会場ですぐ近くで座って見られて、満足度の高いライブだった。