読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜多八膝栗毛

博品館劇場で、喜多八さんの独演会。
最後にやった「紺屋高尾」というネタがすごくよかった。
こんな幸せな良い話があるのか…と、びっくりして力が抜けてしまった。
絶対に途中で邪魔が入って傷つくに違いないと予想しながら身構えて聴いているのに、
とうとう最後まで悪い人は出てこない。
皆いい人で、皆が主人公のために力を尽くしてくれる。
喜多八さんは恋愛ものもしっかり聴かせられるんだなー。
今回はろべえさんもよかったし、充実した会だった。