落語教育委員会

中野ZEROホールで、喬太郎・喜多八・歌武蔵の三人会を見た。
オープニングに、喬太郎さんと歌武蔵さんによる「恋するフォーチュンクッキー」のダンスが披露された。喜多八さんは振りを覚えられなかったらしく、神妙な面持ちで真ん中に座ったまま。
そのあとに落語。
歌武蔵さん、すごく良い。話の続きが気になって気になって、聴いてる間中ずっとわくわくが止まらない。特別派手なことをするわけじゃないのにどの部分も新鮮に感じられる。終わった後、さすが真打は違うね、と言いたくなった。
喬太郎さんは、フォーチュンクッキーのメロディーで「たらちね」ができる、と言って、歌詞を替えて歌っていた。奥さんが自分の名前を名乗るときの台詞。すごい。。
喜多八さんの「うどん屋」は少し前にテレビでも見ていたネタだけど、生で聴くとやっぱり生の方が断然おもしろかった。夜中のしーんとした静けさと、鍋焼きうどんをすする音。
充実した楽しい会だった。