劇団九州男

大衆演劇を見に篠原演芸場へ行った。
いっぺん見てみたいなと思ってなんとなく行ってみたら、ものすごくはまってしまい、今月二回目の観劇。
二月は劇団九州男の公演。行った日は「激突」というお芝居をやっていた。派手な立ち回りが見せ場の、座長のかっこいい場面を集めてみました、というような内容。次から次へと、いちいちかっこいい。殺陣もいいけど、冒頭の暗い雰囲気の場面も好きだった。障子を切り裂いて登場するところとか。客席から黄色い悲鳴とうっとりしたため息。
元々イケメンなところを、表情や仕草や声色でさらにさらに素敵に見せる。見せ方の技術がすごい。座長ひとりだけレベルがちがいすぎる。
二部の舞踊ショーは、ソロの踊りが多く全体的にゆるかった。ホストのお兄さんが音楽に合わせて踊ってるみたいな。それはそれで、全然悪くはないけど。
土曜日ですごく混んでいたので、休日に行くなら事前に席を予約するべきというのを学んだ。