池袋上席、モンテ・クリスト伯

オザケンのBOXが今HMVで5000円引きになっているので買った。そろそろ買わないと品切れになりそうだと思っていたところだったので、よかった。想像よりサイズが大きかった。

      • -

3日(月) 毎年6月の第一月曜は寄席の日だそうで、都内の寄席に入場料半額で入ることができる。池袋演芸場で昼の部を見てきた。
池袋演芸場は全部で100席もない小さな会場で、後ろに座っても出演者の顔がしっかり見えて声もよく聞こえて、かなり良いところだった。
春風亭一之輔「初天神」。気になってた人だったから偶然見られてラッキー、と思ったら、前にも見たことあったのをただ忘れていただけだった。なので2回目。でもその時より今回の方がおもしろかった。取っ付きやすくて楽しい。若いし、人気があるのもよくわかる。

      • -

8日(土) 宝塚、宙組の「モンテ・クリスト伯/Amour de '99!!」を見た。
「お前の下でなんて働けるか!」 というセリフを、生え抜きの悠未さんが、組替えでトップになった凰稀さんに対して言うのでドキドキした。石田先生らしい。
時間の都合上ストーリーが駆け足になるのは仕方ないけど、エドモンが復讐を決心するまでの過程をもうちょっとじっくり見せた方がラストが盛り上がったんじゃないかなという気がした。
ショーは、タカラジェンヌの真面目さに改めて感心。自分のキャラと違うことを要求されても真剣に全力でやりきる。えらい。全然暑苦しい系じゃない凰稀さんがラテンの衣装を着て客席を煽ったり。意外と様になってるのがすごい。
逆に朝夏さんはそういう濃い場面は得意そうで、さすが元花組。いい感じになってきた。悠未さんとガッツリ絡むのを見てみたい。
鴨川清作さんの場面が良かった。音楽とダンスのシンクロ具合が。夏の全国ツアーでまた見られるから楽しみ。