読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき生涯

宙組「美しき生涯」と「ルナロッサ」を見に行った。
お芝居は、大石静の書き下ろし新作。石田三成が主役の時代劇。だけど、ふだんの座付き作家が描く作品とあまり変わらなかった。七本槍が踊りだすシーンなんかは演出の石田先生の色がかなり入ってたし。石田先生、大好きなのに今年はこの一作しか見れる機会がなくて残念だ。
ゆうひさんはどんな役をやっても毎回違って、これまでに見たことのないゆうひさんで、いつも感心する。今回もまたそうだった。あと数週間後にはまた違う役で見れるんだな。本人は大変だろうけど楽しみ。「ヴァレンチノ」の東京公演決定は本当にうれしい。

ショーは、最初から最後まで自分にはピンとこなかった。私はもっと突き抜けたヘンテコなものか、正統派のバリバリかっこいいものが見たい。ルフくんがスターになる場面での鳳翔大さんの暑苦しいキザりは良かった。