読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宙組「銀ちゃんの恋」

宙組の全国ツアー公演、武蔵野市民文化会館に行った。
3週続けての観劇はさすがに疲れるな…と思ってたのに、めちゃくちゃ楽しかった。
最っ高におもしろかった。面白いお芝居をみた後って こういう気分になるんだ…、としみじみ。噛み締めた。観終えてからもちょっと考えられる部分を残してくれて、笑えるけど哀しくもあり、でも笑顔で帰れる。
今回の出演者には名前のわかる人がほとんどいないけど、芝居が始まったら、もう誰が出てるかなんてどうでもよくなった。大空祐飛野々すみ花っていう役者から離れて、銀ちゃんは銀ちゃん、小夏は小夏。普段の宝塚の作品ではそういうことってあんまりないので、皆こんな芝居もできるんだ!と驚いた。
「銀ちゃん」は宝塚では異色とされてるらしいので無理な注文だけど、宝塚がこういうのばかりになったらいいのに、とちょっと思った。

全国ツアー公演といえば、客席降りが多い。私は今回いつになく良席だったので その恩恵を受けまくった。銀ちゃんと小夏が目の前を歩く。ヤスのお葬式の場面で、客席から登場した時に小夏が纏っていた雰囲気が凄かった。小夏の周りだけ空気が違った。
元々の映画「蒲田行進曲」は今、東劇で上映中。見たい。